せま部屋ブログ

30代独身男が狭い部屋で快適生活を目指す

【一人暮らし】部屋を選ぶ際、意外と見落としがちなところ3選

f:id:gu-tara__after:20211226230623j:plain

 

もちーずです。

 

狭い部屋で暮らすことはアイデア次第で快適になります。

僕は一人暮らしを14年間しており、その中で引っ越しを計3回(6年→3年→5年※現在の家)しています。

 

その中で良かったと思えることも以前のブログで触れたように色々ありますが、

部屋の広さ以外の観点から「ここはもう少しこだわれば良かったな~」と思うところあります。

 

今回は引っ越しの際に意外と見落とすかもしれない、拘るべき3つの点を個人的な失敗談をもとにご紹介したいと思います。

 

 

こだわるべき点①:キッチンスペースの広さ

f:id:gu-tara__after:20211226225147j:plain

 

ここは人により基準は変わるかと思います。

正直あまり料理をしないという方に関しては優先度は下がるかもしれません。

 

例えば僕の現在の家はこんな感じ。

f:id:gu-tara__after:20211227223359j:plain

 

よくある一人暮らしのキッチンのスタイルです。

流しがあってIHが付いているタイプ。

 

正直コレ、滅茶苦茶不便です。

 

料理をする方なら「いや、当たり前だろ」と思うかもしれませんが、ご覧の通り調理をするスペースがありません。

僕もそれほど料理を本格的にするわけではありませんが、そうでなくても不便です。

 

例えばお湯を沸かしながら野菜を切ろうとした時、まな板を置く場所がありません。

そうなるとわざわざテーブルなどにまな板を持って行き、切らなければなりません。

f:id:gu-tara__after:20211227223446j:plain

このように置くともはやスペースなし

 

今まではこのタイプのキッチンを利用したことが無かったため、大丈夫だろうと安易に考えて選びましたがまあ不便。

 

一人暮らしが初めてという方に関しては家賃などもあるためしょうがない部分はあるかもしれません。

ただそうでない方は流しとガスコンロもしくはIH機の間に調理スペースのあるキッチンの家を選ぶか、もしくは1DKの間取りでスペースを確保した方が快適に料理が出来るのでそのような物件を選んだ方がいいと思います。

 

全く料理をしないという方以外にはあまりオススメ出来ません。

 

こだわるべき点②:クローゼット・押入れの奥行き

意外と見落とす点かもしれません。

広さではなくあくまで奥行き

 

クローゼットの広さに関してはある程度賃貸サイトの画像などで把握が出来るため、自分に合った広さを選択するかと思います。

ただ奥行きに関しては実際内見に行かないと分からないケースが多いです。

そしてここを失敗すると意外と面倒です。

 

例えばこれが僕の家のクローゼットです。

f:id:gu-tara__after:20211227223531j:plain

 

横の広さや上のスペースなどは特に不便はしていません。

見て分かるかと思いますが、問題は奥行きです。

これを閉めてみるとこうなります。

f:id:gu-tara__after:20211227223616j:plain

 

扉が完全に閉まらず、はみ出しています。

クローゼットの奥行きが無い、もしくは備え付けのポールの位置のせいかと思います。

最終的にはいつも押し込むかたちで閉めています。

 

時間がない時などにクローゼットから上着を取り出し、閉める際にスムーズに閉じないと結構ストレスを感じます。

 

収納場所の広さに関しては部屋を選ぶ際に見る方は多いと思いますが、奥行きに関してまではどうでしょうか。

恐らく初めて一人暮らしをする人たちはあまり気にしないと思います。

 

ある程度横の広さがあれば安心と思う方も多いかと思いますが、個人的な体験からもこの点に関しては注視したほうが良いかと思います。

 

こだわるべき点③:ベランダがあるかどうか

f:id:gu-tara__after:20220104172654j:plain

 

ベランダ無しは実体験からもかなり不便です。ここに関しても甘く見ていた点。

 

一番不便なのは洗濯物の扱い方。

年中部屋干しだとニオイの不安も多少ありますし、干している間は室内のスペースを取らなくてはいけません。

 

僕の家は窓を開けて物干し竿を使って干す部分のみがあるのですが、入居時に肝心の物干し竿が付いておらず、自分で買って設置しなければいけませんでした。

その点が面倒臭くて設置していないのも理由の一つでしたが、床がないため万が一強風の時に洗濯物が飛んでいかないかという点を心配してしまったというのも利用していない理由の一つです。

f:id:gu-tara__after:20220104171850j:plain

ベランダのありがたみに気付くのは無くしてからでした...

 

あとは掃除の際などに一時的に荷物を退けたい時や、朝起きて外の空気を吸ってストレッチをしたい時も対応出来ません。

多少小さくても、ベランダはあった方が良いと思います。

 

日当たりがあり、湿気の多い環境ではないか

f:id:gu-tara__after:20220104171708j:plain

 

一般的に上層階の方が湿気が少なく日当たりが良いことが多いですが、結構当てはまります。

 

これは前回の家での話なのですが、

当時は1階に住んでいて、日当たりも特別問題なかった物件に住んでいました。

ただ結果的には大失敗でした。

 

ものすごく湿気の多い環境だったのです。

とにかくカビる。

短期間でもカビる。

 

例えば押し入れに洋服を入れて1ヶ月経つと、白い斑点が付いている。

当時間取りは2DKで、3部屋あったのですが全ての部屋で短期間の間にありとあらゆるものがカビる。

 

先程も触れましたが日当たりは全くない訳ではなかったため、そんなことが起きるとは全く予想してませんでした。

お陰でドラッグストアなどで販売をしている湿気取りを家中に配置して過ごすことになりました...

 

湿気は舐めちゃいけません。舐めるとエライことになります。

お気に入りの洋服、大事に取っておいた写真など、全てカビます。

ちなみに最終的に3年間その家に住みましたが、退去する頃には押入れの中が緑に変色していました...

 

1階であることが全て悪いわけではないのですが、僕はこのカビ体験をしてからあまり住みたくはなくなりました。

 

番外編:窓が2つ以上あるかどうか

これは人によって意見が分かれると思うので番外編にしました。

個人的に窓はあればあるだけいいと思います。

 

一人暮らしの1R~1Kの物件だと、角部屋じゃないとベランダの1か所しか窓がないことも多いです。

僕自身はそういう物件に住んだことはありませんが、ここは妥協してきませんでした。

理由は2つあります。

 

部屋の換気をする際、窓が複数個所あった方が空気循環がしやすい

例えば料理をした際、煙が室内に充満してしまったとします。しかも変なにおいが。

そうなるとまず換気扇を回すかもしくは窓を開けるかと思います。

そのような時に1か所窓を開けるよりも2か所窓を開けた方が空気が抜けやすくなります。当たり前のことですよね。

 

匂いが充満してしまわないように早く対処するには換気をする箇所が多いに越したことはありません。

 

朝太陽の光をしっかり浴びながら起床することが出来る

昔と違って今は働くことに対してのストレスとの向き合い方に対してフォーカスする場面が増えました。

その中で朝の時間をどう過ごすかということも取り上げられ、「朝活」なんて言葉もあるくらいです。

寝起きを良くするには、太陽の光を浴びながら起きたほうが良いと言います。

光を浴びることでセロトニンが活性化されて自律神経が整うからです。

f:id:gu-tara__after:20220104174616j:plain

 

活性化されることで身体が起きるモードになり、慣れてくると朝活も出来るようになります。

僕も社会人なりたての頃はカーテンを全て閉めて暗いまま朝を迎える生活をしていましたが、このことを知ってからはなるべく太陽の光が当たるようにしています。

 

太陽の光をしっかり浴びるには、朝起きる際に窓から入る光が大いに越したことはありません。

窓が1つしかなくても大きめの窓であれば問題ありませんが、窓が複数箇所あったほうが光をしっかり浴びられるため、朝スッキリと目覚めることが出来ます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

「いやいや、そんなの当たり前のことだから分かってるよ」というお声もあるかと思います。

 

特にキッチンとベランダに関しては完全に個人的な失敗なのですが、収納スペースと日当たりの件に関しては意外と住んでみないとわからない部分かもしれないので、内見などをする際に注視していただくと良いかと思います。

 

テレビを持たなくなって6年、メリット・デメリットを考察

f:id:gu-tara__after:20211219175010j:plain

 

もちーずです。

今では20代だけでなく、30代でもテレビを持たずに生活している方々も年々増えていると聞きます。

昔はテレビが情報収集の手段の中心でしたが、今ではYOUTUBEなどの動画サービスの台頭により、あらゆる手段で話題を集めることが出来るようになりました。

 

僕もテレビを持たなくなってはや6年、すっかりこの生活にも慣れました。

そこで今回は、持たなくなったことによるメリット・デメリットを個人的な見解も含めてお伝えできればと思います。

 

 

 

 

テレビのない生活のメリット

テレビを持たないという選択をすることにより、メリットは多くあります。

その中で「当たり前を除外する」という観点からお伝えしていきたいと思います。

 

 

メリット①:「とりあえずテレビを付ける」という習慣がなくなり、情報の取捨選択が出来る

f:id:gu-tara__after:20211225173213j:plain

「朝起きたらまずテレビを付ける」

「夜帰ってきたらまずテレビを付ける」

 

テレビを持っている方はかなりこの習慣が染み付いているのではないでしょうか。

僕もテレビを持っているときは当たり前でした。

 

テレビを持たなくなることにより、この習慣は変わります。

テレビでなく音楽を流したり、スマホタブレット・パソコンを付ければ動画も見られます。

結局テレビを無意識に見るのは、それが昔からの当たり前の習慣だからです。

 

「面白い番組があるからテレビを見る」

「毎週見ているドラマがあるからテレビを見る」

「音が無くて寂しいからテレビを見る」

 

どれもテレビを付けていることが当たり前だからこその習慣です。

 

だからこそ急にフッとテレビが生活空間から無くなると、習慣が変わります。

強制的に情報を得る方法を変えざるを得ないからです。

情報を集めたければネットで検索すればいいですし、ニュースを見たければYahooなどにアクセスすれば大体網羅出来ます。

 

現代は情報収集の手段が数多くあります。

その中でテレビニュース、ワイドショー、バラエティなどの番組ジャンルで様々な情報を得ると、人によってはそれに振り回される可能性があります。

 

例えばコロナ禍の今の現状を見てみると、ここ2年間だけでも無数のメディアから情報が入ってきました。

テレビを付けてもコロナの感染者数をはじめとしたニュースを1日1回は必ず見ることになったかと思います。

その中でコロナ以外のニュースを見たかった、聞きたかった人からすると、テレビを付けて余計に見る無駄な時間が生まれてしまいます。

 

テレビを持たなくなることで無意識に情報を得るのではなく、自分が気になった情報のみを収集することが出来ます。

勿論スマホやパソコンで見る際も長時間見ないように自制は必要ですが、テレビのような無意識に情報を得たり見る機会は減ります。

 

メリット②:部屋のレイアウトの自由が効くようになった

テレビを所持しているとテレビ+テレビ台で部屋のスペースの一角をある程度確保しなくてはなりません。

狭い部屋に住んでいる場合は余計にスペースを奪います。

ただテレビを持たないという選択をすると、当たり前ですがスペースにゆとりがかなり出来ます。

 

例えば僕の場合で言うと、1Rの間取りで部屋が狭いためある程度レイアウトは考えなくてはなりませんでした。

そこで部屋に置きたいものにまず優先順位を決めました。

優先順位が高かった順に記載していきます。

 

◆パソコン

◆ベッド

◆冷蔵庫

◆洋服を掛けるハンガーラック

◆食品などを置く棚(炊飯器、トースターも配置)

◆テレビ

 

パソコンはモニター2台を置きたかったため、ある程度のスペースは必須。

ベッド・冷蔵庫に関しても必要。

となると残りはハンガーラックと食品などを置く棚。

ハンガーラックに関してはベランダが無いため洗濯物を干す際必須。

食品などを置く棚も自炊もするためある必要。

 

となると...今の部屋にテレビを置く場所はないという結論になりました。

 

人によってはテレビの優先順位が一番高い方もいると思いますし、単純に僕の場合は部屋の間取りの問題と自分自身の優先順位が低かったこともあり、そのような選択をしました。

あとはテレビを見るという習慣が処分する直前はほぼ無かったということも大きな理由です。

 

f:id:gu-tara__after:20211225175642j:plain

生活空間に必要なものは何かを選別することが大切

 

部屋のスペースを広くしたいという方には、今一度自分自身に本当に必要なのかというのを見直すことをオススメします。

 

テレビのない生活のデメリット

テレビが無くていい事だらけではないと個人的には思っています。

確かに家の中をスッキリさせたいという観点ではとても良いことです。

ただ、持っていない人の中でも不便に感じることはあるかと思います。

その中で個人的体験も踏まえて共有できたらと思います。

 

 

デメリット①:リアルタイムで番組やCMを視聴することが出来ないため、会話に加われない

f:id:gu-tara__after:20211225174632j:plain

 

テレビの話題で雑談が盛り上がることは仕事・プライベート問わずあるかと思います。

 

「あのドラマ面白かった」

「あのバラエティ番組のこのネタが面白かった」

「〇〇がやっているCM良いよね」

 

などなど、会話の流れでこのような話題になった時についていけないことが多くなる可能性があります。

 

依然として全世帯のテレビの所有率は80%を超える結果から、持たないことは少数派です。

情報を得る手段が動画サービスやYahooニュースなどがメインとなるため、なかなかリアルタイムでの共有をすることが難しくなります。

そのような状況のときに会話のネタとして続けられない、話題が途切れてしまうというのはデメリットかと思います。

 

デメリット②:どうしても見たい番組が配信されていない場合に困る

f:id:gu-tara__after:20211225181136j:plain

 

いくら動画で補えるからとはいえ、全ての番組を視聴することはなかなか出来ません。

テレビを見ているけど何となく捨てたい方や、YouTubeしか見ない方などに関してはオススメは出来ません。

 

その理由は、見たい番組全てが動画で完結するとは限らないからです。

 

特に生放送の番組をよく見る方に関しては、公式でライブ配信をしていないと映像として見ることができないため、リアルタイム特有の臨場感を映像として味わうことが出来なくなりますのでおススメ出来ません。

 

例えば僕で言うと、今年のプロ野球の日本シリーズをどうしても見たかったのですが、結局見られませんでした。

今年のオリックスvsヤクルトの日本シリーズは26年振りのカードということで、リアルタイムで観戦したかったのですが叶いませんでした。

一応Yahooに関してはプレミアム会員なので、シーズン中のパ・リーグの放送は無料で見られていました。

ただ日本シリーズだけは見られませんでした。配信サービスが行われていなかったからです。

他の配信していたサイトがあったのかもしれませんが、そこまで詳しくないので諦めました。

スポーツを生放送を映像として観て臨場感を味わうことは、この上なく気分が高揚します。

優勝決定の瞬間を生放送で観る温度感と、後で再放送分を観るのとではどちらが楽しいのかというのは明らかかと思います。

 

このように、全ての番組を動画で見れるわけではないので、テレビがないことにより困ることもあります。

動画有料配信サービスに複数登録していれば、あるいは他に見る方法の知識があればある程度は網羅出来るのでしょう。

ただ個々でそれなりの月額料金が掛かるので、それならシンプルにテレビを買ったほうか良いのかと思います。

 

まとめ

テレビのない生活を6年してみての考察でした。

正直テレビがあった方が良い人と無い方が良い人、それぞれ置かれている状況や環境により必要性は異なります。

 

重要なのは『テレビを持っていることが当たり前』という考えを一度見直すことです。

 

テレビを持っていることでデメリットが大きいと感じる人は処分すべきですし、逆にメリットが大きいと感じる人は持ち続けた方がいいと思います。

 

僕自身、6年もテレビを持たなかったらからこそこのような振り返りが出来ました。

実際今は買い戻すか悩んだりもしますが、優先順位が高くないため後回しになっています。

 

自分は本当にテレビを必要としているのかを振り返り、対応を検討されてみてはいかがでしょうか。

止めたいけどやめられない習慣

f:id:gu-tara__after:20211218190753j:plain

 

もちーずです。

止めたいけどやめられない習慣、人それぞれ色々あると思います。

僕はここ1年で色々と情報の整理、処分を行ってきました。

その中でこれだけは止められない、止めたいけど続けている習慣を3つ挙げていきたいと思います。

 

 

喫煙

f:id:gu-tara__after:20211216230306j:plain

 

これは本当にわかりやすい止めたい習慣。

10年以上喫煙をしていてここ5年くらいは電子タバコで生活をしていますが、

僕が吸い始めたころより値段が2倍近くになった。

禁煙をしたことは1度も無いのだが、とにかく吸いすぎ。1日2箱は吸うヘビースモーカーなのです。

紙タバコを吸っていた頃はせいぜい1箱でしたが、電子タバコに変えてから吸う本数が増加。

家計簿をつけているので把握しているが確実に2箱は吸っています。

 

ではなぜ止められないのか、なぜそこまで吸ってしまうのか。

 

原因① 家の中でところかまわず吸っていること

電子タバコは壁紙が黄ばまないということを聞いてから、自宅では所構わず吸ってしまっています。

換気扇の下で吸ったり外で吸うようにすればもっと本数は減らせるのでしょうが、自分に対しての甘さがはたらき、結局はパソコンをしながら吸ったりベッドの上で吸ったりと吸う本数が要因を自ら作り出してしまっています。

 

原因② 職場環境に対する甘え

僕の職場は今の時代珍しく?タバコ休憩に関しては寛容で、好きなときにいつでも吸える環境となっています。

いや、あまり良くないことではないことは重々承知していますが、社内にいると余計な仕事がめちゃくちゃ降ってくる。自分の管轄外の電話が鳴った際も担当者ではなく電話を取った人が対処することも多いから、であれば外でタバコを吸いながら電話したり考え事をしたりした方が個人的に効率がいい。

このような環境のため、それに甘えて吸い続けてしまっています。

 

単純に外に出たとしても吸わなきゃいいだろという声もあるのでしょうが、そこは意志の弱さがはたらき結局は吸いだしてしまうのが現状です。

 

以上2つのことから、僕はヘビースモーカーと化しています。

1箱520円の物を吸っているため、単純計算で

 

520円×2箱×30日=31200円

 

これだけのお金を1か月で費やしてしまっています。

年間で計算すると

 

31200円×12か月=374,400円

 

これはいかん。とにかくイカン。

 

というか5年位前に書いたブログを見返していたら目標と言ってタバコを減らすと記載していたが、全く減っていないという意志の弱さ。

お金も大してない身であるのに対し、年間で1か月の給料以上も費やしてしまっているのは大問題。

まずは自宅に関しては吸う場所を1箇所に固定したり、毎日2箱買わずに1箱だけ買うとか物理的に吸えない環境と状況にしていくことで減らしていくことが必要。

 

職場対策に関しては他のことも含め対策は検討中...

たぶん僕の意志の弱さからすると、スッパリタバコを止めるということは出来ないはずなので、まずは1日1箱にしていくことから改善していきたい。

 

無駄なYOUTUBE鑑賞

f:id:gu-tara__after:20211216230554j:plain

 

昔と違って今はテレビを持たなくても満足できるような時代になりました。

僕も実際テレビはかれこれ2015年から所持していないから、暇つぶしにテレビを見るではなく暇つぶしに動画を見るというのが日常。

そんな中で今では当たり前になったYOUTUBE鑑賞。

見ること自体は全く悪いとは思いませんが、個人的なYOUTUBEでの悪い習慣を2つ挙げていきたい。

悪い習慣① 同じ娯楽動画を何度も見続けること

僕は面白いと思った動画は何度もとにかく見る。

ゲーム実況やバラエティ系実況など、同じ動画を毎日見続けることもある。

それは何故か?なかなか正解が分からないんだけど、多分それは寂しいからだと思います。

具体的には喋りながら配信していると、当然自分ではない誰かの声が聞こえるから一人暮らしをしている僕としてはそれがあると安心するのでしょう。

実際一人で行動するのは好きだけど根は寂しがりやなのです。

 

悪い習慣② 寝ているときの動画をつけっぱなし

f:id:gu-tara__after:20211218185148j:plain

 

分かる方はいるでしょうか。

寝る際は基本的にテレビやパソコンはつけっぱなしにしない方が良いと聞きます。勿論スマホを寝る直前までいじることも。

 

睡眠が浅くなり悪影響だ。誰でも分かることですが、僕はそれらをしていないと逆に落ち着かない。

「寝ます!」という風に寝るのではなく、寝落ちをする方が落ち着く。

 

それは何故か?これもおそらく寂しいからだと思う。

誰かの声を身近に感じながら寝た方が孤独感を感じずに寝られるのでしょう。

実際誰かの家に泊まったり、実家に帰省した際は何故か寝られています。

 

改善策としては本気で健康を意識すること。

実際眠りが浅くなっていることも事実だから、もう30代半ばに差し掛かる年齢も配慮して改善したほうが良いと思う。

この習慣は2015年頃からなんだけど、それからというもの夢をほぼ毎日見るようになったため、イコール眠りが浅くなっているということなんだろう。

あとは誰かと一緒に暮らせば一番手っ取り早いのだが...

 

転職活動したつもり、勉強したつもり

f:id:gu-tara__after:20211216230854j:plain

 

これも非常に悩ましい。

具体的には僕が一番多いのが、転職活動サイトを見て何も行動を移さないこと。

これまで何度もブログで記載しているが辞めるやめると言って辞めていないのが現状です。

 

gu-tara-after.hatenablog.com

 

ただその中で僕のデスループとしては

①カフェで転職サイトをたくさん見てお気に入りなどに登録する

②よっぽど気になった企業は詳しく見たり募集要項などをノートに記載

③満足して帰宅

④その後何もしない

①に戻る

 

ということが多々あります。

本腰を入れて活動していたときはそんなことはなかったんだけど、面接のスケジューリングが現職の環境的に難しいことを言い訳にして、応募しようと思っても応募しないというループ。

家に帰ったら結局何もしないでダラダラしてしまうというのが現状です。

 

他にも今はパソコン関係の勉強をよくしているからその教材の本をよく読んでいますが、これもカフェでのみしか行わず自宅ではほとんどやれていないため、なかなか終わらずにいます。

f:id:gu-tara__after:20211218185357j:plain

カフェでは真面目、家に帰るとダラダラ

 

改善策としては将来のことを具体的かつ真剣に考えること

これだけ言っておいてぐうたらが続くようでは、暗い未来しか待っていないと考えること。

自分に悲観せず明日から、明日までに、1週間以内に、1ヶ月以内に出来ることを具体的に考えること。

という風に先のことを意識しつつ毎日進歩させていくことが大事だと思います。

勿論転職サイトを見たり他のことを勉強したりすることは大事なんだけど、それからあとに続かないからどうやってその状況を改善していくかを真剣に考える必要がある。

インプットだけで満足せず、アウトプットすることで進歩させていかなくてはいけない。

改善策の答えとしては曖昧なものになっているが、とにかくこのことを意識していきたいと思います。

 

まとめ

以上が個人的な止められない習慣3つでした。

結論、意思が弱い。

これが全てかと思います。

 

他の方々なら「このくらいどうってこともない」と思われるかもしれません。

来年からと言わず今日から、明日から少しづつでも改善していきたい。

【断捨離】毎日プレイしてたソシャゲを全て消去した

f:id:gu-tara__after:20211215230301j:plain

 

もちーずです。

ソシャゲは楽しい、本当に楽しい。

ただ、同時に非常に時間を費やされます。

 

僕はパズドラやモンストなど、ソシャゲの代表格には手を出していませんでした。

理由はただ一つ、ハマるから。絶対にハマるから。

 

幼少期の頃からゲームが好きで小学校から高校まではスポーツ少年団や部活に励んでいましたが、一緒にゲームもかなりやっていました。

ただ20代後半になってからはゲーム機器をすべて手放して基本的にはあまりやらなくなっていましたが、ここ5年間で3つのソシャゲに手を出してしまいました。

そしてまたリミッターが外れたように毎日プレイしまくっていました。

 

というわけで本題のがっつりプレイしていた3つを何故辞められたのか、それを個々に振り返っていきたいと思います。

 

 

ポケモンGO(2016年7月~9月末までプレイ)

f:id:gu-tara__after:20211215231118p:plain

 

僕が昔ブログを始めようと思ったある意味きっかけのソシャゲです。

リリース初日からがっつりプレイしていたことは過去の記事にも書いてある通り。

とにかく色々な場所にも行ったし昼夜問わずとにかくプレイしていました。

 

ただ飽きた理由は以前の記事にも記載しましたが、止められた大きな理由は中身の更新が遅すぎたから。

具体的には今でこそ初代以外のポケモンがたくさん出てきており楽しめる内容となっていますが、当時は数か月間初代のポケモンを捕まえるだけでレアポケモンを探すだけのゲームと化していたため、このアプリに対しての幅が無かった為つまらなく感じるようになってしまいました。

 

ということで元々飽きやすい性格も後押し?して虚無感に突然襲われたため、アプリを削除しました。

会社の同僚や友人などで今だにプレイしている人もいますが、とりあえず今のところはまたやりださないように会話に加わらず、興味を持たずにいることが出来ています。

 

パワプロアプリ(2016年10月~2019年12月末までプレイ)

 

これが一番ハマりました。

パワプロに関しては歴代シリーズもかなりプレイ済。

どうやらアプリ版に関しては2014年12月頃からリリースされていたらしいのですが、当初は全くプレイする気はありませんでした。

 

ただ友人のプレイやYOUTUBEを見ているうちに興味を持ち、2016年の10月にダウンロード。

最初は毎日プレイをするほどではなく週2~3回程度で済んでいたが、3ヶ月程経過してある程度システムが把握出来てきたタイミングでプレイ頻度が増加。

毎日仕事以外の時間は殆どプレイするようになってしまっていました。

特に1週間単位のマラソンイベントに関しては睡眠時間も削ってプレイしていて今考えてもあのハマり方はどうかしてたと思います。笑

 

そして欲がどんどん出てきてしまい、

「ソシャゲに課金をする人の気持ちなんて全く分からん!!」

と以前は言っていましたが、ガチャの為に課金をすることに対しても抵抗が無くなってしまいました...

 

そんなこんなでプレイ歴が3年以上経った2019年の12月末、実家に帰省をしていつも通りダラダラしながらアプリを起動してプレイをしていましたが、年末のガチャで課金をして全く良い選手が出なかったタイミングイライラが募り、「オレは何ソシャゲで熱くなっているんだろう」という気持ちが襲い、冷静になる自分がいました。

 

実家に帰ってきてまでアプリをせっせとしていることに対しても虚無感を感じ、その勢いですぐ削除しました。

 

正確に計算はしていませんでしたが、3年間で恐らく課金は4万~5万ほどはしていたかと思います。

 

ただその課金に対しての後悔より時間を無駄に費やしてしまったことに対する後悔の方が大きかったことが止めることが出来た要因。

あとまたプレイを再開してしまわないよう引継ぎIDは一切保存せず、このアプリに関係するスクショなども全て削除しました。

バックアップを取っているとまたすぐに再開出来てしまいますし、スクショなどを見て思い出してプレイしたくなる可能性もあるため、そのような可能性も全て潰したことでスッパリ止められました。

 

Toon Blast(2020年4月~2021年12月15日までプレイ)

f:id:gu-tara__after:20211215224710p:plain

 

今日の朝削除しました。

よく動画広告に出てきてたゲーム。

最初はうっとおしいと感じていたが、何度も出るうちにやりたくなり去年の4月からプレイ。これも前の2つ同様暇が出来たらプレイするスタンスでした。

元々テトリスぷよぷよなどのパズルゲームは好きだったため、これも常に最新のレベルをクリアするくらいがっつりプレイしていました。

 

ただここ最近は色々と断捨離を行っていく中でソシャゲにも注目して、これを止めれば他のことに時間を費やせるのではないかと思いました。

前の2つのゲームとは違い、きたり虚無感に襲われることはなかったものの、今日の朝勢いで思い切って削除しました。

これには課金とかも全くしていませんでしたし、今のところ全く後悔ありません。

 

まとめ

以上が僕がここ5年でハマったソシャゲ3つと止められた理由でした。

結局止めるためには、勢いが一番大事だと思います。

 

タバコなどにも言えることですが(※僕は止められてません)

僕の場合、「○○円課金したら止める」、「来年からやめる」など

止めるタイミングを定めてしまうといざその時になるとかえって色々理由をつけてしまう可能性がありました。

 

「〇日後にイベントがあるからそれが終わったらやめる」

→〇日後には気持ちが変わっている可能性がある

「あと○○円分ガチャを追加すればほしいキャラが手に入る」

→欲しいキャラが手に入ったら当然続ける

 

などなど、ソシャゲはプレイヤーの方々を引き付けるのが非常に上手いと思います。

もちろん僕も楽しいことが分かっているからこその意見ではありますが、これを断つには一度冷静になる時間を取り(課金しすぎた・時間を費やしすぎた際など)、

その際に勢いよくスッパリ止めること

そしてその瞬間にアプリを消すこと

 

全てにおいてこれが大事かと思います。

あくまで個人的な体験談なので、ソシャゲを止められない方の多少のご参考になればと思います。

【2021年】今年断捨離したもので本当に良かったものベスト3【30代独身男】

もちーずです。

今年は断捨離を沢山しました。

去年から結構積極的に行っていますが、それ以上に。

 

僕の部屋はワンルームでわずか16.5㎡の広さしか無いため、本当に物が置けません。

狭い部屋の良い点は以前取り上げた内容を見ていただくと分かるかと思います。

 

gu-tara-after.hatenablog.com

 

ミニマリスト目指して!」みたいな気持ちはありますが、そこはまだまだ。

衝動買いも全く無いわけではありません。

 

その中には経年劣化などにより買い替えの必要が出たものもありますが、私見で本当に良かったものベスト3を振り返っていきたいと思います。

 

 

第3位 家電類

f:id:gu-tara__after:20211212145353j:plain

 

特に大きなもので処分したのは掃除機。

何となくで捨てられずにいましたが、今の家に引っ越してきてからほとんど使用しておらず、ずっと冷蔵庫の横に陣取っていました。

 

正直、今ぐらいの家の広さならクイックルワイパーとハンディータイプの掃除機で事足りてしまっていて、半年に1回位何となく部屋を全体的に掃除する際に使用していました。

 

ただ持っている掃除機はコードレスタイプではないので、まあまあ掃除に使用するのが面倒臭かったから思い切って処分して良かったと思っています。

 

他にも使えなくなったPCやフットバスも処分しました。

あとは細かいもので言うと、iPhoneやポケットWIFI電子タバコなどに使っていたコード類。

とにかく捨てていなかったから何個も溜まっていましたが、考えてみたら接触不良とかになった時用でスペアを1つだけ持っていればあとは使うことはほぼありません。

新しくコンセントを使用する箇所を増やしてということであればまた必要ですが、今の部屋の環境でそういう考えに至ることは殆ど無いはずだし、仮にまた必要になったら100均等で買い直せばいいやと思い処分。

おかげでコード類を収納しているケースの中もスッキリしました。

 

他にも使用していなかったスマホスタンドなど、ガジェット類の処分も同時に行いました。

 

第2位 書籍・勉強用ノート、メモ書き

f:id:gu-tara__after:20211212144310j:plain

 

今年捨てたのは1回読んだビジネス・ノウハウ本、更にはそのことを自分なりにメモした勉強ノート。

本に関しては今持っている分を半分に減らし、ノートに関しては少々手間でしたが全て写真に撮ってデータで保存しました。

 

本もノートもいつか読み返すかな〜とか考えていたけど、読み返してもせいぜい年1回くらい。

特にノートに関しては割と20代前半から使用して4冊くらいあり、思い入れもあって処分出来ずにいました。

ただ本棚などは現在持っていないためまあまあ邪魔になっていて、であればデータで保管する方がスペースを確保するのには丁度いいと思って処分しました。

 

ビジネス・ノウハウ本などに関しては完全に個人の考え方ですが、10年以上前のものに関しては時代背景の変化とともに情報もアップデートされていくため、その中に載っているノウハウになど関しては通用しないものも出てくると思っています。

 

勿論、時代の変化にとらわれなくても良い考え方などについては参考にすべきです。

情報の取捨選択という意味合いも踏まえ、書籍として個人で残しておきたいと思う本は必要最低限で良いと思います。

 

あと補足で大学の教材は以前の家から引っ越す際にほぼすべて処分しています。

これに関しては卒業以来全く見ていなかったため、案外すんなり捨てられましたが。

 

第1位 洋服類

f:id:gu-tara__after:20211212143336j:plain

 

堂々の第1位。

以前より洋服に対する興味は低くなったものの、やはり全く買わないというわけではありません。

 

ということで去年より心を鬼にして処分するなりフリマアプリで売るなりしました。

ちなみに去年よりルールを厳しくしました。

 

去年は「2年以上着ていない場合は処分」というルールを設けていましたが、今年から「1年以上着ていない場合は処分」にしました。

 

理由はやっぱり1軍の服だけ揃えていれば、必要最低限暮らしていけると思ったから。

アパレルの販売をしていた頃は私服で仕事をしていたからそれなりに揃えておく必要がありましたが、今は販売をしているわけではないから別にそこまでたくさんの量が必要になるわけではありません。

 

それに中には高値で引き取ってもらえる可能性のある洋服もあるわけだから、捨てずにフリマアプリに出せばお金も増やせる可能性があります。

中には思い入れがあってなかなか処分出来ずにいたものもたくさんありましたが、結局思い切って捨てて少しの後悔はあってもすごく後悔したものはありません。

 

ちなみに今年からは4月と10月の2回、洋服の1軍審査オーディションを行いました。

なぜ4月と10月かというと、個人的にそれぞれ衣替えが迫り、圧縮袋に入れたりして整理をするから。

4月には秋冬物で着なかった服、10月には春夏物で着なかった服をそれぞれ審査を行いました。

 

具体的には基準を設ける際に「処分する」「処分しない」の2択にするのではなく、

 

①「処分しない」⇨1軍

②「処分しないけど1年以内に着なかったら捨てる」⇨1.5軍

③「メルカリなどで売って処分する」⇨2軍

④「捨てて処分する」⇨2軍

 

というように4種類に分けてメモしておき、衣替えの季節になったらまた考えるというスタイルにしました。

 

特に②に関しては捨てるか迷った分類なので、また1年後に本当に必要なものかを判断し、③か④に分類します。

 

③に関しては半年〜1年以内に売れなかったら④に降格。それまでに売れるよう出来るところまで販売価格を下げていくことを意識しています。

よっぽど安くして売れなかったらその瞬間に④に降格もあります。

 

ファッションはトレンドもあるから残しておけばまた使うかもという考え方も確かにありますが、年齢を重ねるうちに好みや体型は色々変わってくるから、よっぽど価値が出そうな物以外は残しておく必要は無いと思います。

 

それよりも今の生活の中で必要なものを活かしていった方が良いはずです。

 

番外編 捨てられない・買い替えられないもの

 

捨てられないもの スポーツ用具全般

何気に3種類あります。

 

◆野球用品(グローブやバット・スパイクなど)

◆ゴルフ用品(バッグ・クラブ・シューズなど)

◆テニス用品(ラケット×2)

 

これらが結構場所をとってます。

特に場所をつかうのがゴルフバッグ。大きくてクローゼットの中に突っ込んでいるのだが、結構スペースを圧迫してなかなか困っています

今は3つともちゃんとやっているわけではないから頻繁に使うわけではないけど、極まれにやることもあるからなかなか捨ててしまおうという決断が出来ないのが悩ましいところです...

 

買い替えられないもの 洗濯機・掃除機

実はこの2つは18歳で一人暮らしをし始めた頃から買い替えておらず、15年ほど使い続けています。

 

理由は壊れないから。洗濯機に関してはホースが壊れて買い替えたことはありましたが、冷蔵庫に関しては何故か壊れません。

 

勿論以前よりコスパに優れた商品が色々販売しているだろうから、何回か買い替えを検討したことはありましたが、それなりの出費だから後回しにしているのが現状です。

 

まとめ

以上が個人的に処分したものベスト3でした。

まあ他にも座椅子やテーブルを買い替えたり欲しくなった洋服を買ったり、100均などで気になったものを色々買ったりしましたが、今年の1月よりはだいぶ整理が出来たと思います。

 

僕が断捨離を行うことで結局一番何を求めているかと言うと

 

「スッキリ気持ちを切り替えたり、新しい情報を得たい」ということ。

 

同じものを持ち続けることにより、愛着が湧いてきます。

その気持ちは僕も大きくあります。

 

ただ、断捨離を行う中で考えるべきは

 

「処分せずにいることで使うことが本当にあるのか?」

「持ち続けることで何か得られるものがあるのか?」

「処分をして自身の身の回りを変化させた方がいいのではないか?」

 

これらを思い返して選択をすることが大事だと思います。

 

これからも所持しているものに関してはまだまだ本当に必要なのかを検討するものもあるため、年末にかけての大掃除も踏まえて考えていきたいと思います。

久しぶりに吉祥寺へ

もちーずです。

寒い寒い。

本格的に冬が始まった感じがする。

僕は冬がとっても嫌い。

朝起きるのがとてもしんどいから。

20代後半くらいから基礎体温が低くなって真夏以外は朝に寒さを感じる。

朝体温を測ると大体35度前半のことが殆ど。

冬場になると顔が青白い感じになるし、不健康に見えるから「体調悪いの?」とよく言われるし。

よく秋冬はオシャレを楽しめるという人もいるけど、そんなことはどうでもいい。

僕は四季で一番夏が好きだから、オシャレを楽しむとかそんな概念どうでもいい。

アパレル業界に身を置いているが、実際そこまでお金を掛けてオシャレしたいという願望はない。

ある程度気は遣っているけど、実際見た目より機能性や着やすさの方が大事という感覚になってきた。

ブランドのネームバリューに学生の頃は拘っていたけど、最近はとにかくコスパ重視。

安くて良いものであればいいと思う。

これも年をとった影響なのかな...

 

f:id:gu-tara__after:20211208223718j:plain

 

今日は吉祥寺で仕事。

3ヶ月に1回くらいはある案件で行く。

ドラッグストアがたくさんある印象が強い。

あと商店街の下町感。メンチカツ?屋にいつも並んでいる。

もう何十回も来た街だけど、まだ食べたことはない。

いつか時間があるときは食べてみようかな。

f:id:gu-tara__after:20211208224219j:plain

 

最寄り駅についたのが20時半くらいになってしまったので、めんどくさくてまいばすけっとで夕飯を済ます。

晩酌かと思いきや、無性にコーラを飲みたくなったので今日は休肝日。

 

明日も朝から吉祥寺。空き時間で街を散策出来るかな...

スマートニュースのクーポンが当たったのでガストへ

もちーずです。

いつも通りの時間に起床。

今日は鬼滅の刃遊郭編を見ながら電車を過ごす。

仕事は昨日とほぼ変わらずの内容。

一応営業職ではあるんだけど、この昨日と今日に関しては営業らしいことは殆どしていない。

どちらかというと販促と編集の作業をしていた。

まあそんな感じで時間が過ぎていき、本日も定時直後で退社。

 

その後真っすぐ家に帰らず、今日はガストに行こうと思っていたので自宅よりちょっと前の駅で降車。

向かう途中ダイソーという誘惑に負け入店、しっかり4点ほど購入。

f:id:gu-tara__after:20211207222302j:plain

下2つはメルカリをよく利用するので購入。

上2つは使ってたのが古くなってきたので買い換えた。

 

そんな感じでダイソーで満足しつつガストに到着。

なんでガストに来たかというと、スマートニュースのアプリで昨日までやっていた抽選クーポンでプレミアムチーズINハンバーグが当たったから。

無料ではなく半額のクーポンだけど、879円が439円になるのはデカい。

プラスでライス(大盛)とドリンクバーを注文した。

 

f:id:gu-tara__after:20211207222644j:plain

すみません...

写真を撮ることをすっかり忘れてしまい、チーズの残骸が残った写真を撮るという失態...

残ったチーズも残さずいただきました。

合計で855円。安く済んで満足。

 

f:id:gu-tara__after:20211207224706j:plain

帰宅後の晩酌のお供。

レモンサワーは最近ほぼ毎日飲んでる気がする。

炭酸水はレモンで飲むのが最近のこだわり。

あとチーズと生ハムもほぼ毎日食べてる。

 

明日は真冬並みの寒さらしいからしっかり防寒対策しよう。